b-csr

Garware Bestretch社会的基盤

Garware Bestretchは、Garware Bestretch Social基礎を抜ける異なる道で、社会を助けています。財政的に恵まれない、古い年齢家、孤児と精神的に、そして、身体的に難詰された人々に向けられる支持を延長している威厳のある存在とタイムリーな努力で、財団は社会で重要な役割を演じました。

Garware Bestretch Social基盤は、教育、医療、社会福祉、スポーツ、その他のフィールドで、彼らのいろいろな計画と活動を通して協会のより幸運でないメンバーを助けていました。

社会貢献の一環で、1960年には、プネ市内の歩行者の交通の便を向上させる Garware Bridge 地下通路を建設しました。Garware Balbhavan & Garware College も支援しています。

今日、500名の子供たちが、日々、Garware Bal Bhavan の恩恵を被っています。また、Garware College of Science は、マハララシャトラ群の最高ランクの大学であるプネ大学から Best College Award を受賞しますいた。

Garware Bestretch Social Foundationは、いろいろな部分に援助をしてと与え続けます

  • 財団は、学校、寺院構造、精神的に問題がある子供たちのための提供している輸送設備、医療救済プロジェクト、生理用ナプキン・プロジェクト、支える貧困な人々その他にも教室建設、提供している家具と研究所装置のもののようなプロジェクトに関して、多くの他のCharity Trustsで働いています。
  • 2014年7月1日からHaveliブロックの15の州Parishad学校で、イギリスのeラーニングのためにプロジェクトを起こしました。プロジェクトは、第一および第二の学童のために始まりました。
  • Garware Bestrecth では、Annapurna Mahila Mandal を通じて、恵まれない学生を継続的に支援していく中で、貧しい学生を支援しています。
  • 1996年に開始された「Actively Support Good Shepherd Homes」の孤児院支援プログラムでは、スラム街から拾われた子どもたちの世話をしています。
  • 精神的な障害を持った子どもたちのために、プネとワイでワークショップを開催しています。
  • プネのマザーテレサセンターに寄付をしています。
  • ワイのRamesh Garware Schoolに新しいユニフォームデザインの導入とプレイステーションの設置を支援しました。
  • Dinanath Mangeshkar病院へのマンモグラフィ装置の寄贈
  • Ramesh Garware Schoolの施設の高度化 – コンピュータ室、化学室および図書館

下にあるイメージをクリックすると、Garware Bestretch の学校支援活動の詳しい内容についてご覧になれます。